movie男?’s blog

映画、ドラマについて語ります。とは言いつつも、フリーなブログ。

学校って、刑務所?

学校…。マジ嫌い。
友達はいい。先生と、学校というものが嫌い。
たぶん、日本人みんなわかってくれるよねー。

最近見た記事

50代の学校の先生が生徒に、給食を無理に食べさせて
生徒が嘔吐したとか。
まず、記事だけではなんとも言えない。これが俺のスタンス。
なんだけど、続きがあってさ。。。嘔吐したものを生徒自信に片付けさせたってさ。
これ、どうなの?

先生ってなに。 学校ってなに。

学校→勉強、集団生活を習得
先生→何でもわかる。正しい。
ってイメージ。
小学生まではね。(笑)
先生も人間だからさ間違いはあるよ!

でも、
1.給食を無理に食べさせる
2.嘔吐したものを生徒に片付けさせる
これはおかしいよね。

まず、無理に食べさせる。「無理」にって言葉はあまりに範囲が広い気がする。拘束したのか?言葉で圧力をかけたか?って感じでね。
まぁ、どちらにしてもおかしくね?
腹がいっぱいやら嫌いな食べ物。理由はあれど他人に言われる筋合いはない。
別にお前が給食費払ってる訳でもねぇし、強制されるいわれはない。
たぶん、道徳で教えてるでしょ。「人が嫌がることはしたらダメっ」って。お前は例外か?

嘔吐したものを生徒に片付けさせる。
小学校の時、クラスメイトがウンコを漏らして先生が片付けてました。コレマジ。
低学年っていうのもあって、どうしようもないと思って片付けたのかもしれないけど。
ゲロは?なんなのよ!お前が片付けたらいいじゃん。給食を食べさせる正義感はあって、人の不幸を助けようという義務感は起きないってか?アホか。
まぁ、記事を見れば無理に食べさせて嘔吐したってことでしょう。それを信じれば尚更、お前が片付けろよ!
わかるよ、啖呵切った手前素直に謝れないのは。いやー。でもさ、生徒がこれから先生に感じ続ける不信感に比べれば、あんたの謝罪と行動が生徒をいくらか成長させると思うよ。

とおもうわけでございます。。