movie男?’s blog

映画、ドラマについて語ります。とは言いつつも、フリーなブログ。

海外ドラマの楽しみかた

二つ。

さて、久しぶりにそれっぽいことを…
書けるかな???

名作と言われる海外ドラマ

今回の楽しみかたは、名作とか面白い!とかイチオシの評価を得ているものに限りますぜ。

なぜなら、人気がなければすぐ終わるわけで。
今回の楽しみかたが通用しないのです。。。

つまり、ロングシーズンを経ているドラマの楽しみかた、とも言い換えられます。

早速!

楽しみかたは一つ!
個性です。

例えば、Dr.HOUSEで考えると。
シーズン前半というか、ホントに最初のあたりは、ただただ意地の悪いやつ。しかし、名医。
これが面白かった。恐らく、いい医者=いい人の概念を覆したかったのでしょう。

それ以降はハウスだけでなく、ハウスとチームの関係やチームのメンバーそれぞれなど、各キャラにスポットを当てています。

じゃあ、Dr.HOUSEは面白くなくなっていったのか?
続くごとに面白かったです。
なぜなら、ハウスは相変わらず。しかし、ハウスを取り巻く環境が変化していったから。
だからこそ、ハウスの個性が際立ったのだと思います。
チームのメンバー達にスポットを当てることによって、個性がより際立った!

ってとこかなー。
Dr.HOUSEについていえば、ドラマの個性。

ハウス・オブ・カードを例に見ると。。。

シーズンを通して世界観は変わらない。まぁ、ありえねぇだろ!ってとこはあるにせよ。。。
知略を尽くして、欲しいものをてにいれるという世界観。
駆け引きや権力や人間のドロドロが多い気がする。

では、このドラマの個性は?
ズバリ。俳優の個性!
主人公がシーズンを追う毎に権力者っぽく演技を変えてるんです。
これは、字幕で見なきゃ分からない。でも、仕草なんかも分かりやすく変わってると思う。

これは、すげぇぇぇと思ったね。
これはですね。恐らく、主人公以外今まで通りの演技を意識してるからこそ、目立つんだと思います。

これって実はあまり見たことなくて。
結構ドラマ見てますが、、、
そのキャラになりきり自分のものにしてる。このタイプは非常に多い。これはこれでいいことなんです。

でも、成長なり退化なり。人は変化しますから。
これをうまく演技してるのが
ハウス・オブ・カードの主人公の個性かなー。

こんなもんです。

意外と薄い話でしたが。
俺にしては頑張った。
シーズンが長いドラマを見るなら、これを参考にしてみてはいかがでしょうか?

以上。
二つ。ドラマの楽しみかたでした。