movie男?’s blog

映画、ドラマについて語ります。とは言いつつも、フリーなブログ。

日本の防衛をマジで考える

まず、私はミリタリー系のお話が大好き。(武器とか軍服とか戦闘機とか船とか。)でも、そんなに詳しくない。何故ならば調べるのめんどい

頑張って調べて、ブログにのせる日が来るといいな。

今日はそんな話ではなく、真面目に防衛を考えるぞ!

仮想敵国

まず、北朝鮮な。
どう考えても北朝鮮な。
現実に脅威があるから。

核持ってます。長距離ミサイル持ってます。完全に日本は射程です。もしかしたら、核をミサイルに載せられるかもね。
完全に脅威で間違いないですね。

これでも脅威ではない!という人は見ても意味がないので読まないでください。さよならー。

日本の防衛策

まず、日本にできること。
もちろん専守防衛です。

はい。おわり。
今の日本はこれで終わり。
守って守って守りまくる。

アメリカが攻撃してくれるじゃん。
一応、反論は赤で書きます。

日本が狙われたら、攻撃するでしょうね。
ん、、、狙われたらではなく攻撃されたらかな?それはわからんよね。
恐らく、今の状態では狙われたぐらいではなにもしない。
中国が反発するから。

それに今、標的は日本じゃなくてアメリカだから。

では、なぜ日本の脅威か。
日本に米軍基地があるから。
仮に戦争となれば前線基地となる日本の米軍基地を叩くでしょう。

つまり、アメリカと北朝鮮のケンカに巻き込まれてる。

北朝鮮は核を開発してお話がしたいのでは?

お話とは対話ですか?
お話がしたい。とかお話で解決を!とか。
つまり、対話には武力が必要ってことじゃん。。。
核持てば話ができる。武力があれば話ができる。つまり、対話の後ろ楯は軍事力ですね。

しかもお話というか、言うことを聞かせたいのでしょう。しかもその相手はアメリカ。無理っしょ(笑)

つまり、日本が北朝鮮に何を言ってもただのガヤ。
だって、口だけで殴ってこないからデモンストレーションで日本上空をミサイルが飛ぶわけでしょ。

これ異常だよ?

アメリカ上空にミサイル飛ばすバカいないでしょ。
ジャイアンにバカ!って言わないでしょ。スネ夫になら言えるけど。。。(微妙な例えだな。まあ、いいや)

日本のガヤなんか聞かないってこと。

ここで、疑問。どうすればガヤにならずに警告になるか。

答えは強い防衛力。

しかし、迎撃だけでは意味がない。
甲冑のみの武士に何を言われても串刺しにすれば終わり。
刀を持たなきゃ。

アメリカに頼っても効果が無いことは分かったでしょ。
現在の状況を見れば。

日本自身の防衛力が必要なわけ。
甲冑だけでなく刀も持たなきゃ北朝鮮を黙らせることができないわけ。

北朝鮮の核開発を眺めて。
そして、次は核ミサイル技術が完成して。
ここまで来ると、日本はどうすんの?
その前に体制を整えるべきでは。

と思いました。