movie男?’s blog

映画、ドラマについて語ります。とは言いつつも、フリーなブログ。

H29.10.22衆院選を語ってみよう。

と、タイトル通りの事をしてみる。

というかお久しぶりです。

衆院選のポイント

なんといっても、希望の党
この党がポイントだろーなー。

  • 民進も取り込みましたよね。
  • 政策は自民党と被るとこが多い。
  • なんといっても小池さん。

でしたが…。
結果的には希望の党は厳しい状況。

なぜか?
ちょいと考察してみましょ。

希望、戦局、混乱

希望の党ができました。
この時点で結構批判がありましたね。

次に、民進党の議員が希望の党へ合流。
前原さんの決断ですね。つっても、利の有る看板を見て駆け込まない訳がないって話だけどね。
この時にも批判がありましたね。

立憲民主党が誕生。
この党にとってはいいことで、ほぼ同じ考えでまとまれた。今までの民主、民進とは違うわけです。
希望に流れた人と比べると市民ウケもしますわな。

という感じか。

自民、公明、維新、希望

憲法改正も大きな焦点。
自民、公明は今回大きく政治を動かすのかな?とか思っちゃうね。

思想も分かりやすくなりました。
左なのか右なのか。

いろんな意味で、今回の選挙は整理ができたのでは?と思ってます。

まあ、自民が圧勝するのは分かってますが。
立憲民主が意外と頑張って、ちゃんとした政策論争が始まる事にも期待したいですね。



では、寝ようかな…